Media articles

登壇企業の記事

過去にGTICイベントに登壇された企業の活躍に関する記事です

*メディア名、記事名、企業名、登壇者名から検索できます(OR検索:スペースで区切る)
朝日新聞 「感動以外に何を還元?突かれたスポーツ界 為末大さんが見た東京五輪」

 深刻なコロナ禍のさなか、開催の是非をめぐって大揺れした東京五輪は私たちに何をもたらし、どんな課題を突...

2021-10-11 (記事URL版)

登壇者: 一般社団法人アスリートソサエティ 為末 大

登壇日(回号(年月日)): 第28回GTIC (2013-06-18)

日経 「貧困解決にクルマの力 EVの夢破れてもフィンテック」

「こうして私たち家族は貧困のぬかるみから抜け出せました」。2020年1月、フィリピンの首都マニラ。壇上...

2021-09-12 (記事URL版)

登壇者: Global Mobility Service株式会社 代表取締役社長兼CEO 中島 徳至

登壇日(回号(年月日)): 第132回GTIC (2017-10-03)

日経 「エブリー代表 吉田大成氏ースマホで新・買い物体験」

「商品選択で悩む時間や買い忘れがない新しい買い物体験を提供したい」。スマートフォンアプリやウェブサイト...

2021-07-28 (記事URL版)

登壇者: 株式会社エブリー 代表取締役社長 吉田 大成

登壇日(回号(年月日)): 第128回GTIC (2017-06-19)

日経 「ビザスク端羽氏とatama plus稲田氏が教える「起業の心得」」

ビザスク代表取締役CEOの端羽英子氏と、atama plusの稲田大輔代表取締役CEOが「新事業を創造...

2021-07-15 (記事URL版)

登壇者: 株式会社ビザスク(旧社名 : 株式会社walkntalk) 代表取締役CEO 端羽 英子

登壇日(回号(年月日)): 第26回GTIC (2013-05-30)

Deal Watch 「日本のIPO市場について」

「IPO関係者全員の意識改革必要」-スタートアップアクセラレーター 投資銀行出身で、現グロービス経営...

2021-07-15 (記事PDF版)

GTIC主宰・代表 秋山智紀, Startup Accelerator / MBA講師

日経 「関心高まるフェムテック 体の課題 置き去りにしない アーティスト スプツニ子!」

女性の健康の悩みを技術で解決するフェムテックへの関心が高まっている。同時に、生理の話題もメディアで目に...

2021-07-05 (記事URL版)

登壇者: MITメディアラボ 助教 スプツニ子!

登壇日(回号(年月日)): 第18回GTIC (2013-01-25)

日経 「ファーメンステーション代表 酒井里奈氏。循環型社会 休耕田から」

「休耕田の活用と循環型社会の実現を両立したい」。ファーメンステーション(東京・墨田)は有機米由来のエタ...

2021-06-30 (記事URL版)

登壇者: 株式会社ファーメンステーション 代表 酒井 里奈

登壇日(回号(年月日)): 第130回GTIC (2017-08-10)

PRTIMES 「アイデミーと古河電工 資本業務提携を締結」

株式会社アイデミーのプレスリリース(2021年6月22日 10時00分)アイデミーと古河電工 資本業務...

2021-06-22 (記事URL版)

登壇者: 株式会社アイデミー 代表取締役  石川 聡彦

登壇日(回号(年月日)): 第122回GTIC (2017-03-03)
第140回GTIC (2018-06-15)

日経 「AI知識を専門家以外にも @EDGE アイデミー 石川聡彦社長兼CEO」

「受講者にとって自分の仕事が1本目の柱。2本目に人工知能(AI)の知識を持ってほしい」。アイデミー(東...

2021-06-22 (記事URL版)

登壇者: 株式会社アイデミー 代表取締役  石川 聡彦

登壇日(回号(年月日)): 第122回GTIC (2017-03-03)
第140回GTIC (2018-06-15)

CHIEF ORGANIZER'S ACTIVETY

Date Activeties
2021/07/15 Deal Watch 「日本のIPO市場について」
2015/02/21 大阪大学 博士課程 超域イノベーション・プログラム
2014/12/13 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 起業家人材育成プログラム(Entrepreneurial Training Program)
2014/07/09 BBT大学 資産形成力養成講座 @東京(市ヶ谷) セミナー『元外資系インベストメントバンカーが解説する資産運用の仕組みと本質』